2016-01-25-12-25-18


先日、シャカリキ!を全て読みました。

シャカリキ!


1992年くらいに「弱虫ペダル」と同じ
少年チャンピオン(秋田書店)で連載されていた自転車競技漫画です。
まだマルコ・パンターニが有名になるよりも昔の漫画なんですね。

主人公は坂に命をかける少年、「野々村 輝」なのですが
まーとにかくトルクをかけるかける!(膝が心配になるくらいに笑)
小野田君のようなハイケイデンスクライムとはまた違うタイプのクライマーです。
逸る度にギアが上がっているので真波君タイプですね。

あまり深い内容までは触れませんが
ところどころ、弱虫ペダルがオマージュしたのかな?
と思われるシーンもあったりして色々想像してしまいます。
・坂を登って翼が生える
・絶対相手を仕留める合図
・ジャージを掴もうとするシーン

とかですね。
機材も当時の物が出てくるので
・有線サイコン
・5アームDURA-ACE(7400系?)
・ダウンチューブシフター
等、逆に新しく感じて楽しかったです。

野々村 輝はBianchiのクロモリに105コンポで
現在も行われている国際ロードレース「ツール・ド・おきなわ」に挑むまでのストーリーなのですが
本当に熱く描かれていて、ぜひ読んでいただきたいです。
曽田先生は他の作品もそうですが、感情表現が天才的に上手い…!!

✨ブログランキング参加中で〜す!(・ε・)ノポチッ✨

btn_rbbtn_cebtn_brbtn_line

ブログの更新通知をLINEでGET✨登録方法
またTwitterでもお知らせ✨