亀が無理してロードバイク乗ってみた

弱虫ペダルにドハマりして軽率にロードバイクを始め早三年目。 相変わらず上達しない日々だが、俺はあきらめない。

ようこそ、亀チャリへ! このブログはヲタクで運動神経皆無な夫婦二人が軽率にロードバイクを始め、
新しい世界を恐る恐る進んでいく様を観察できるブログです。かな〜りゆるいですが、よろしくお願いします!

富士ヒル

三度目の死闘!第14回Mt.富士ヒルin夫者(エピローグ)

前回の記事(4)
-------------------------------------------------
title_fuji_base05


2017年前半戦は終わった。
しかし、お家に帰るまでが富士ヒルです。

IMG_5710

振る舞いの吉田うどんを一杯平らげて、消耗したミネラルを摂取。
今年もんまい!
IMG_5711

IMG_5723

ビアンキブースに戻るとTeamOltreさんが集合写真を撮っておりました。
これはいい写真!(メンバーの武井選手はきっか下山のサポート中でした。大変お世話になりました!)
一緒に走った人達にお礼を言ったり、レースの話をして盛り上がりました。
IMG_5722

ステージではコースレコードを打ち立てて優勝された選抜クラスの
兼松 大和選手や大接戦の末、近差で2位となった森本 誠選手達を
中心としたフォトセッションが行われていました。

IMG_5752

兼松選手も森本選手のお二人とも、きっかと同郷の奈良県に所縁があると見て驚きました。
奈良は盆地なので坂練には向いている土地柄と言えるかもしれません。(暗峠も近いですし…)
乗鞍や来年の超絶バトルも楽しみにしております!!!
(ちなみに、兼松選手は富士ヒル終了一週間後に5kg増量されたそうです。
ヒルクライマーさんの身体は異次元ですね…! )
puni

(そして、夫者は1.6kg増量しました。)

お、きっかも無事に下山して来ましたね。
スタートアーチでもきっかは「無」で通過していきました笑
bianchi_hujihill04_illust05

IMG_5787

そして、バスの時間が近づいて来ました。
帰りの河口湖IC中央道は恐ろしい混雑になる事が見込まれているので
早めの帰路につきます。

そして、早速の事故渋滞発生💧
談合坂SAでの休憩を挟んだりして帰ります。
予定時刻は大幅に超えて空も暗くなってきました。
それでも楽しいのはバスの旅ゆえ!
例年ならクタクタな身体でこの渋滞を帰っていたんですよね〜。
IMG_5806

まずビアンキ立川店へ到着。
ここで参加者の方たちとのお別れです。(名残惜しい…)

そして、ビアンキコミュニティ青山店へ。
つ…着いてしまった…。
IMG_5808

10数人で輪になって松原 武彦店長からご挨拶。
参加者からもコメントが集まります。皆さんもとても楽しまれたようです!
IMG_5817

今年の富士ヒルクライムはキャパ急増によるトラブルも多く見られたのですが
その辺りをビアンキスタッフさんのご尽力によりほぼ全て回避できたのが大変ありがたかったです。

今回、最良のコンディションで全力を尽くす事ができ、とても快適な旅でした。

本当にお世話になりました!!
bianchi_hujihill04_illust09

そして…ビアンキの神様、お力添え頂き有難うございました!!!(来年はどうなるのか!?笑)
bianchi_goddes


(おわり)

連載中の漫画が更新されました!
書き下ろし4コマ
超!アニメディア 亀チャリ出張版!(15)
tyo_ani15


現在、FRAMEさんで
「ビアンキストア・ツアー富士ヒルクライム(きっか視点)」が連載中です!!

→ビアンキストア・ツアー富士ヒルクライム!3(大会当日/前編)
48

→ビアンキストア・ツアー富士ヒルクライム!(大会当日/後編)
45

よろしくお願い致します!

✨ブログランキング参加中で〜す!(・ε・)ノポチッ✨
btn_rbbtn_cebtn_brbtn_line

ブログの更新通知をLINEでGET✨登録方法
またTwitterでもお知らせ✨

三度目の死闘!第14回Mt.富士ヒルin夫者(4)

前回の記事(3)
-------------------------------------------------
20170620_illust

沢山の応援を力に変え、先行するサムソンの背中に追いついた夫者。

高所かつ、高心拍のせいで上手くコミュニケーションが取れない。
アイコンタクトのみで彼の近くに着くが様子がおかしい。

彼はとても辛そうで、もしかするとコース前半で
脚を使い切ってしまった可能性が考えられた…

一緒に走りたいが、私の方はまだ「機材ドーピング」でまだペースを上げられる状態。

そして今は年に一度しかない大会…。
油断は絶対に許されない。回せるなら脚を緩める訳にはいかない。
(ちなみに彼は前年ブロンズ獲得者である)

一刻、また一刻と迫る90分カウント。

「ここは自分の保てるペースを保つ。各々のベストを尽くすべき。」

そう判断し、右サイドから来る速度の乗ったトレインに飛び乗った。

「友よ、ゴールでまた会おう!」

友の無事を祈り強度を上げる。

そして、程なく終盤戦開始の合図である太鼓の音が。
大沢駐車場だ。
KIMG9173

ここを越えると山場と言える坂は数えるほど。
強度を徐々に上げていく。すぐに四合目の看板。
KIMG9175

ひたすらペースが合うトレインを見つけてはドラフティングを続ける。
正直きつい。それでもペースが垂れないようにペダルを回す。

otojya_08

見えた。奥庭自然公園入口。

スーパー平坦チャンスの狼煙。

ボトルの水も間も無く空で理想的な展開。

下ハンを握りしめ、灰だ。灰になれ夫者。

人機一体スペシャリッシ者になるのだ!!
(アドレナリンのせいです。お察しください…笑)
spotj


今、間違いなく夫者史上最速で走っている。(はず)
あくまで当者比なので、全然抜かれてはいるのだが…!

ラストのトンネル三連星も一気に駆け抜けて、
今、ゴールゲートへ…!!!

IMG_5677

出し切った…。
スペシャリッシマのポーズも力無い。
IMG_5688

実はこのタイミングでは自己計測の類も全くしておらず
ブロンズ獲得成ったかは全くわからなかったのです。

五合目でわかっていた事は3人で出発した結果
-------------------------------------------------
1着 アドンさん→ブロンズ確定
2着 夫者→?
3着 サムソンさん→ブロンズ成らず
(でも惜しいタイム)

-------------------------------------------------
なので、判定は際どいという事。

寒さと混雑も凄いので
下山用荷物を受け取り、早々に下山を開始しました。
4合目を越えた付近で、きっかを見かけて応援するも
「無我の境地」だったようでそのままスルーされて行きました。
がんばれきっか!!
bianchi_hujihill04_illust03

そして、下山完了。
一気に降りると流石に手が痺れました。
IMG_5699

吉田うどんより、まず結果です。
緊張が走ります。
IMG_5702


速報なので、スマホに表示されるスタートとゴールのタイムを
引き算で算出する必要があります。

夫者………2017年度………結果は………
(ダララララララララララララララララララ)
KIMG9176

ポウーーーーン…ポウーーーン………ウーーン…ーーン…
91


1分足らなんだ…。

ならず!!!!
…三度目の悲願も樹海に散ったァアアアアアァッーーー!!!
二度ある事は三度あるパターーンだーーー!!!!!


♪ひーかーるー風のなか〜〜〜(うた:森口博子)
フィニッシュタイム91分。(自己新記録)
夫者さん、F91です。

誰がうまい事言えと〜

夫者さん、今の気持ちをどうぞ。

夫者「無念す…スペシャリッシマの性能を限界まで引き出せなかった己の未熟さが敗因っス。ビアンキの神様に申し訳無いッス…また、来年エンジン鍛え直してきまッス…」
otojya_09


でもね。

2017年の富士ヒル、今までで一番楽しみました。
道中でも亀チャリジャージを着ていたお陰で熱い応援もたくさん頂いて、力に変えてベストを尽くしました。
悔いは無かとです。ご声援ありがとうざいあっしたーーー!!!


ぷしゅ〜…(きっか下山してきた)
bianchi_hujihill04_illust08


かくして、夫者の2017年上半期は終わった。
(自転車レースって、ほんとにドラマチックで楽しいですね!)
IMG_5711


(エピローグへつづく)

現在、FRAMEさんで
「ビアンキストア・ツアー富士ヒルクライム(きっか視点)」が連載中です!!

→ビアンキストア・ツアー富士ヒルクライム!3(大会当日/前編)
48

→ビアンキストア・ツアー富士ヒルクライム!(大会当日/後編)
45

よろしくお願い致します!

✨ブログランキング参加中で〜す!(・ε・)ノポチッ✨
btn_rbbtn_cebtn_brbtn_line

ブログの更新通知をLINEでGET✨登録方法
またTwitterでもお知らせ✨

三度目の死闘!第14回Mt.富士ヒルin夫者(3)

前回の記事(2)
-------------------------------------------------
title_fuji_base03

さあ、既に夫者は大会会場入りしています。
後は積んできた功夫を発揮するのみ!!

夫者やれんのか2017in富士山!!
IMG_5792

スペシャリッシマは超軽量な為、夢の片手持ちも無理なく可能です。
折角なので機材は最小構成で挑みます。
「ビアンキの神様、力を貸してください〜!!」
IMG_5657

3度目ともなるとドキドキはしますが、ガチガチにはなりません。
これは個人的には意外でした。
ヒルクライムは肩の力を抜いて登るのが基本ですので、これは良コンディションと言えるでしょう。

更にありがたい事に、以前三浦半島ライドをご一緒した
ビアンキ友の会のメンバーも同じ第6ウェーブで「一緒にスタートしましょう!」お声かけ頂きました。
これは今までと全く違う展開だ〜!! 心強すぎます!!
IMG_5654

IMG_5659

開幕の花火が打ち上がります。
いや〜本当に晴れて良かった!

きっかは第2ウェーブなので、すぐにスタートする事でしょう。
列はどんどん進みます。トイレに行きたい人は行ける内に〜。
準備運動も入念に行います。
IMG_5669

そしていよいよスタートゲートをくぐります。
「それでは行きましょう!」
異様に頼もしいその姿はまるでアドンとサムソン!
二人ともブロンズ以上の獲得を目指すそうです。
もうお一人は楽しんでまったり進むそうです。
IMG_5672

「それでは第6ウェーブ!!スターーートッ!!!」

合図とともに自転車の波が動き出します。
ウェーブはまだ前半なので、周囲の気合も凄いです。

胎内洞窟入口交差点までは脚を使わずにゆっくりと。
そして、スバルライン料金所に向かう坂の開始から計測スタートです
「ピッ!」

そこからはマイペースでペダルを回すだけです。
序盤は無理をせずひたすら一定に。これが難しい。
アドンさんは速攻で彼方へ消えてしまいました。(めっちゃ速い!!)
サムソンさんはペースが近いので一緒に進みます。

試走で走っている分、自分がどこを走っているのか頭の中でトレースできます。
事前セミナーでTeamOltreの倉本選手が仰っていた
「坂の終わりが見えたら、すぐにギアを上げてダンシングで加速する」を実践します。
平坦では兎に角休まない事が好タイムのコツだそうです。

「頑張りすぎず、サボらない。」
これが本当に難しい!!

間も無く、一合目下駐車場です。ここから一合目までが意外と遠いです。
その地点できっかを補足!!
0009_original

(※丁度その瞬間を読者のMizukiさんが撮っていて下さいました! これは凄い!)
side


最も勾配のきつい一合目を過ぎました。
ここでサムソンさんが加速!!ついていけない夫者は一定ペースを保ち一人で走ります。
平坦区間ではドラフティングを実行します。
KIMG9167

二合目もなんだかんだとキツめの坂が続きます。
ここは踏ん張りどころ!

三合目に入り、速度が上がる集団と垂れてくる集団がハッキリしてきます。
キツイですがその選択をしつつ、流れに乗ります。
この時、少し回遊魚の気持ちがわかりました。(マグロは速えぞ…🐟🐟🐟)
KIMG9169


三合目から四合目は比較的緩やかで道の状態も良くなります。
その時です!

前にサムソンさんの背中が…!?
「おお! おれっち、ともだち、追いついたっち!!」
(勝手にあだ名をつけてすいません)

そして 夫者は 大いなる選択を迫られることになるのです…。

(つづく)

現在、FRAMEさんで
「ビアンキストア・ツアー富士ヒルクライム(きっか視点)」が連載中です!!

→ビアンキストア・ツアー富士ヒルクライム!3(大会当日/前編)
48

→ビアンキストア・ツアー富士ヒルクライム!(大会当日/後編)
45

よろしくお願い致します!

✨ブログランキング参加中で〜す!(・ε・)ノポチッ✨
btn_rbbtn_cebtn_brbtn_line

ブログの更新通知をLINEでGET✨登録方法
またTwitterでもお知らせ✨

【同時進行】ビアンキストア・ツアー富士ヒルクライム連載中です!

bianchi_huzihiru03_midashi

現在、ロードバイクやクロスバイクをマイペースに楽しむためのメディアFRAMEさんにて
「ビアンキストア・ツアー富士ヒルクライム」が連載中です!!
こちらは、現在当ブログで連載している「夫者視点」とは違う「きっか視点」でのレポとなっておりますので合わせてご覧になる事でよりディープに富士ヒルクライムの臨場感をお楽しみいただけます。
最終回の「大会当日/後編」も近日中にアップされますのでお見逃しなく!

→ビアンキストア・ツアー富士ヒルクライム1(序章)
01

→ビアンキストア・ツアー富士ヒルクライム!2(事前セミナー編)
02

→ビアンキストア・ツアー富士ヒルクライム!3(大会当日/前編)
48

→ビアンキストア・ツアー富士ヒルクライム!(大会当日/後編)
45

よろしくお願い致します!

✨ブログランキング参加中で〜す!(・ε・)ノポチッ✨
btn_rbbtn_cebtn_brbtn_line

ブログの更新通知をLINEでGET✨登録方法
またTwitterでもお知らせ✨

三度目の死闘!第14回Mt.富士ヒルin夫者(2)

前回の記事(1)
-------------------------------------------------
title_fuji_base02

スペシャル過ぎる決戦用マシンで出場させていただく事になった夫者。
本当に乗りこなせるの〜???


富士ヒル大会会場はすごい混雑です。
いつもの大きい運動競技場が工事中で使えない事も
参加者の増員以外に起因しているようですね。
bianchi_tour07

あっ!あれは!!
bianchi_tour08

ママチャリグランプリや先日のハルヒルでもお世話になったキクミミさんです!
今回はママチャリではなくロードでシルバー獲得を狙われるそうです。
(ウェーブも近いので、運が良ければ一緒に走れたらいいな〜)
bianchi_tour09

そして、エントリーも無事に終わりゼッケン入手!!
bianchi_tour11

世界初公開となったウエイブワンさんの洋南ジャージ!!大人気でした!
bianchi_tour23

かわいい「ウエイブニャン富士風呂ジャージ」
現地で早速着て大会に参加される方も見かけました。
fujiburo_j

サイクルイベントでは珍しい、日向涼子さんの私服姿!!
いつもの顔ぶれで安心しますね〜
bianchi_tour12

今年から発足された、全国ヒルクライム連携企画「クライムジャパン」コーナー!!
全国のヒルクライムでの総合ランキングを争う「クライマーズキング」や
大変、為になって面白い冊子「クライムマガジン」等が参加者に配布されました。
bianchi_tour24

今年はRaphaもブースを出しているんです!
bianchi_tour21

そういえばこんな事がありました。
ツアー参加者のお一人に「亀チャリを読んでロードを始めました!」と仰って下さった方がいたのです。
すごく走りそうなキメキメのカッコイイローディさんだったのですが
20170615_illust03

嬉しさと驚きが同時に二撃のフタエノキワミ!!
ご参加は本当に偶然だったようでディスティニーを感じましたね〜✨✨✨

楽しい時間も気づけばもう夕方です。
ホテルへのチェックイン時間もあるので、
ここから15kmほどサイクリングで西湖へ向かいます。
いい、ウォーミングアップですね!

確か西湖へ向かうなら、あの坂を登るはず…。
map_bianchi

ツアーの皆さんとホテルへ向けて出発です。
bianchi_tour16

さあ、もうすぐ激坂区間です。
見せて貰おうか。スペシャリッシマCVの性能とやらを!
(※初心者のインプレなので、参考程度で…m(_ _)m)
17-SPECIALISSIMA-DURAACE-1H

巻島先輩「つま先をクランクのトルクをかける所で、前にスライドさせるイメージで回せ。軽いフレームはその方が進むショ。」
イギリスへ旅立つ巻島先輩が、小野田君に言ったアドバイス。(涙)
20170616_maki02

これまでこのシーンを思い出しながら、トルク主体ではなくケイデンス重視の練習をしていました。
果たしてどこまで通用するものか。

スペシャリッシマの漕ぎ出しの軽さは走りながら感じていたのですが
坂が始まってから、また一つ気づきが。
どれだけケイデンスを上げても自分のロードよりずっと回るんです。

表現が難しいのですが、「加速しても加速してもまだ伸びしろを感じる」感じ。
私が乗ってもスペシャリッシマの限界を引き出せていない事がクランクを通じて解るというか…。
(前日のホイールはいつも使っているのと同じレーシング3でした)

「もっと、回せる人が乗ればどこまででも伸びていきそうな乗り心地」でした。
またこの周辺の路面は荒れている箇所が多いのですが、CV(カウンターヴェイル)による衝撃吸収の恩恵もしっかりと感じることができました。

激坂を一気に駆け上がり、呼吸を整えます。
これは選ばれしスペシャリッシマ(特別)な人こそ乗るべきロードバイク。。
自分は少しでも、性能を引き出せるよう我武者羅にペダルを回すだけです。

そしてホテルに到着。
bianchi_tour15

ロードバイクは旅館の中に入れて、決戦に向けての最終調整ができます。
私はボトルゲージを1つにして、ちょっとだけ軽量化笑
bianchi_tour14

翌日は3:30起きなので、前夜祭もほどほどに。
明日の事を話しならが和気藹々と夕食タイムです。
bianchi_tour17

22:00には就寝時間。下山バッグに入れるアイテムをセレクトしてスタッフさんに預けます。
預ける時間がシビアな下山用バッグはスタッフさんがまとめてトラックで持って行って下さいました。(ありがたすぎます…)
image

最後に、ゼッケンをジャージとヘルメットに貼り付けます。
貼り付けは安定の「日東の5000番テープ」で。
(ジャージを傷める事なく、綺麗に剥がせるのにしかっり張り付く不思議なテープ)
bianchi_tour19

やる事はやりました…。
それでは、おやすみなさ〜い。

…そして。決戦の朝を迎えたのです。
IMG_5643

やったる…ワシやったるで…。

(つづく)

現在、FRAMEさんで
「ビアンキストア・ツアー富士ヒルクライム」が連載中です!!

→ビアンキストア・ツアー富士ヒルクライム1(序章)
01

→ビアンキストア・ツアー富士ヒルクライム!2(事前セミナー編)
02

こちらもよろしくお願い致します。

✨ブログランキング参加中で〜す!(・ε・)ノポチッ✨
btn_rbbtn_cebtn_brbtn_line

ブログの更新通知をLINEでGET✨登録方法
またTwitterでもお知らせ✨
プロフィール
奈良県出身の漫画家。単行本に「しょぼにゃん」(少年画報社)「動物園でもふもふお世話中!」(kadokawa)動物を描いたり愛でたりするのが趣味。現在ブログで「亀が無理してロードバイク乗ってみた(亀チャリ)」連載中 pixiv id=6349109
記事検索
これまでのライド
・最初から読む
・第12回Mt.富士ヒルクライム
・盗難対策
・ビアンキ納車
・初めてのソロ走行
・はじめての事故
・熊谷クリテリウム2015
・バイシクルライドin東京
・東京湾一周ライド
・Mt.FUJI エコサイクリング2015
・ミステリーライド1
・しまなみ海道2015
・青山自転車屋さんめぐり
・奈良をサイクリングしてみた!
・大阪サイクリング
・夫者のつぶやき
・TrackR bravo
・埼玉サイクルエキスポ2016
・江ノ島夫者ソロ1
・神羅カンパニーへGO!
・渋谷〜青山お花見サイクリング
・霞ヶ浦一周ライド
・真田丸/上田紀行
・渋峠2016
・GSRカップ行ってきたよ!2016上期
・箱根ヒルクライム2016
・TOJ東京ステージレポ
・第13回Mt.富士ヒルクライム
・江ノ島夫者ソロ2
・ミステリーライド2
・清澄白河サイクリング
・弱虫ペダルカップ2016
・ドラマ弱ペダのエキストラに行く
・ニャンターニ
・弱虫ペダルナイト行ってきたよレポ
・Mt.FUJI エコサイクリング2016
・ビアンキ試乗会inCSC伊豆2016
・Rapha Prestige Nasu
・とびしま/しまなみ海道2016
・尾道にゃんにゃん紀行
・駒沢オリンピック公園散策
・妖精の森へ紅葉サイクリング
・真田丸/大阪紀行
・ママチャリGP2017
・ビアンキ友の会!三浦半島一周ライド!
・埼玉サイクルエキスポ2017
・ドル街横須賀サイクルロゲイニング
・聖地巡礼!春の鎌倉ライド
・おいしい!三浦半島パン屋ライド!
・AACR直前!150km走ってみた
・桜のAACR2017レポ
・ストリートヒルクライマー
・第五回ハルヒルレポ
・開催直前!富士ヒル合宿!!
・第14回Mt.富士ヒルクライム
人物紹介
登場人物
スポンサードリンク
連絡フォーム
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ