亀が無理してロードバイク乗ってみた

弱虫ペダルにドハマりして軽率にロードバイクを始め早三年目。 相変わらず上達しない日々だが、俺はあきらめない。

ようこそ、亀チャリへ! このブログはヲタクで運動神経皆無な夫婦二人が軽率にロードバイクを始め、
新しい世界を恐る恐る進んでいく様を観察できるブログです。かな〜りゆるいですが、よろしくお願いします!

2017年05月

きっかが見たハルヒル。第5回ハルヒルレポ(6)

j_caution_end
これよりジャージの作成が開始されます。発送準備が完了しましたらちどりざくらさんよりメールが来る予定です!
(※第2次募集についてはご要望コメントが多数の場合、開始したいと思います)


※漫画を追記しましたレポ(1)はこちら
→ハルヒルレポ(2)はこちら
→ハルヒルレポ(3)はこちら
→ハルヒルレポ(4)はこちら
→ハルヒルレポ(5)はこちら

トゥルルーーッ!トゥルルルーーッ!

プウィーン…
mgk

え、奇跡的に仕事の隙間ができたから
自分のハルヒルレポをアップしたい?


わかった。チャリダーの潜入捜査は後日報告する。
健闘を祈る。


プウィーン…


kikka10

というわけで久しぶりのきっかです!
ハルヒルはゴールゲート前で応援していました。印象的な選手がたくさんいて、今回はそんなみなさんをご紹介したいと思います。ジャージなどうろ覚えなところはご容赦ください〜


20170531_illust


なんかハルヒルに出場する選手たちって、
みんなスラッとしてるんですよね…

思わず己の腹肉をおさえる、きっかと夫者 笑

さて、激戦を戦った夫者は選手たちと下山。
きっかは応援バスで来たのですが、バスの発車はお昼過ぎです。
せっかくなので『榛名山ロープウェイ』に乗って榛名富士を登ってみることにしました。
20170531_photo01

20170531_photo02

榛名湖を眺めながら進むロープウェイ。見事です〜!
20170531_photo03

あっという間にロープウェイは「榛名富士山頂」駅まで着きまして、階段を登って鳥居をくぐると…
20170531_photo04

白いお社があらわれました。『榛名富士山神社』とうちゃこです!
20170531_photo05

そして、この時初めて知ったのですが榛名富士山神社の御神体は、
美しいことで有名な女神様『木花咲耶姫(コノハナノサクヤヒメ)』!!

ヒーメヒメ!ヒメ!
日本神話が大好きなきっかは興奮を隠せません。
20170531_illust2


神々の名が刻まれた石碑にも興奮!
左から饒速日大神("ニギハヤヒノミコト")、保食大神("ウケモチノカミ"衣食住を司る神様)、榛名富士大神(木花咲耶姫"コノハナノサクヤヒメ")、石長姫大神("イワナガヒメ":木花咲耶姫の姉神様)
20170531_photo10


フオオーー来てよかった…!!
本当に来てよかった…!!!


こんなかわいい絵馬もありました。絵馬では「木花開耶姫」となっています。
20170531_photo06


榛名富士の絵馬もあります。こちらも素敵ですね。
20170531_photo07


山頂には売店も社務所もないので、この絵馬はロープウェイ乗り場で購入するみたいです。

いや〜〜〜いい眺めだなぁ〜
快晴だったので青々とした木々やまぶしいほどの緑の山々の絶景がひろがっています。
20170531_photo08


下山バスの時間が来たので、バスに戻ります。
夫者が以前見た馬車も見ることができました!
ほんとうに黒王号(北斗の拳の)みたいに大きい!
このお馬さんに乗ってお散歩できるのです。
20170531_photo09


そんなこんなできっかのハルヒルは自転車イベントとしても楽しみましたし、
神話をめぐる旅としても熱い、すばらしいものとなりました。
今度は榛名神社コースで出てみたいな…なんて。笑

このところブログで漫画があまり描けなくてすみません。
お仕事の締切が落ち着きましたらまたたくさん描きたいです!

(つづく)

kikka_books04
亀チャリのコミックス発売中!!


btn_rbbtn_cebtn_brbtn_line

ブログの更新通知をLINEでGET✨登録方法
またTwitterでもお知らせ✨

バトル後のお楽しみ!!第5回ハルヒルレポ(5)

j_caution_end
これよりジャージの作成が開始されます。発送準備が完了しましたらちどりざくらさんよりメールが来る予定です!
(※第2次募集についてはご要望コメントが多数の場合、開始したいと思います)


※漫画を追記しましたレポ(1)はこちら
→ハルヒルレポ(2)はこちら
→ハルヒルレポ(3)はこちら
→ハルヒルレポ(4)はこちら

戦士たちの闘いは終わった。

ここは、榛名山頂のゴールゲートをくぐった先にある大会会場。
弱虫ペダル2年目IH2日目のゴールゲートと構成は違うがかなり近い場所である。
(※弱ペダは榛名富士ロープウェイ乗り場前がゴールゲート)
IMG_4703


勝敗はどうあれ、全力を出してゴールした選手たちの表情は晴れ晴れとしており
屈託のない笑顔が溢れんばかり。
IMG_4713

IMG_4714

無論、敗者夫者もその一人である。笑
(※あ、ガイルです。🇺🇸)
st_haruna01

夫者「今回は敗けた…!でも来年は勝つんだからね!!!」

もう来年出る気になって、コンティニューしている。
(しかし、この時期は佐渡やひたちなか、緑のAACR等魅力的すぎるイベントが多いので大いに迷う)
st_haruna02

ゴール後すぐにQRコードを読み込むことで結果がすぐにわかるのも素晴らしい。
それにしても、良いコンディションの中走る事ができて本当に良かった。
下山用の荷物を回収し、完走者にふるまわれるハルヒル謹製羊羹を頬張る。

すると向こうから

きっか「やあやあ、おつかれさま! 日向さんめちゃくちゃ綺麗やったよ✨✨✨」
kikka10

チャリにゃん「こるなーご♪✨✨(榛名湖のお魚おいしそうだにゃん♪✨✨)」

charinyan01


ここで、きっかとチャリにゃんに合流。
屋台も出ているので、ここでゼッケンに付いていたハルヒルドル金券でランチを購入し談笑する。
真夏日なので、冷たいコーヒーが沁みる…!

同ブースでは、上武大学の学生さんがご好意でマッサージコーナーを開いてくれている。
大人気ですごい行列が!
IMG_4724


少し日陰で休憩して、下山準備に入る。
きっかは応援者用バスでの下山になるので、また麓で合流する事に。

それではまた後で落ち合おうぞ!!
IMG_4722

と、走り出すも緊急車両が走行するとの事でちょっと渋滞。
IMG_4725

程なく、進み始めて来た道を下りて行く。

黄色いジャッケとを来たスタッフさん達(地元ボランティアの方を含む)から
「お疲れさまでした!」

「お気をつけて!」

と大変あたたかいお言葉で見送って下さった。

また、下山時の落車が相次いだようで
スピードの出し過ぎ注意のアナウンスがプラカードで丁寧に行われてる。
ヒルクライム大会での事故は下山時の発生が一番高いので気をつけて下る。

初心者コース終了地点近くで休憩タイム。
ブレーキし続けた手の疲れや、リムのクールダウンの為に行われる。
ここでもあたたかい労いとヤカンによる給水。
IMG_4726


ここから、ヒルクライムルートではなく下山専用ルートに。

その時、夫者は気付いた。

otojya02

「あれ…? この大会は…」

気温30度を超える炎天下の中で
旗を振って声援をくださる榛名町の方々。


榛名町のみなさん「ありがとう〜!」
夫者「いやいや、ありがとうはこちらですよ!!!」
otojya04

榛名町のみなさん「また来てね〜!」
夫者「また、来まーす!!」
otojya_07

榛名町のみなさん「がんばれえ〜」←小さい子
夫者「暑い中応援ありがとうよぉ〜、後でチューペットお食べねぇ〜」
otojya_09


1000人以上の老若男女の地元の方々が総出で

何キロ走っても走っても沿道から声援をくれるのだ。

有名プロ選手でもない私に。


これが…ぬくもり…。

これまで、各大会運営スタッフさんからの声援は受けた事があったが
ここまで地域住民の方達からの大きな歓迎は初めてだった。

地域一体によるおもてなし。

これがハルヒル…。


ハルヒルを理解し、感激している内に榛名中学校体育館に到着。
駐輪して完走証をもらいに行く。
するとこの駐輪場がパッと見回しても警備員さんが10人ほどの厳戒体制。
マーベラス!夫者も安心して停めることができた。
IMG_4815

体育館に向う途中、なめこ汁の振る舞いが!
ミネラルがありがてえ、ありがてえ✨✨✨
IMG_4750

ついでに、上州の郷土料理「ホルモンおきりこみ」も。
食欲が止まりませぬ…!
IMG_4804

体育館に入り、エビアンを受け取りつつ完走証発券場に。
IMG_4732


無事、完走証をゲット!!
渡辺航先生のキャラクターが嬉しい。

IMG_4738

この、完走証の裏に当たりが出たらなんと順位に関係なく特別賞がもらえる仕様。
夫者はハズレ!、それにしても温泉ペア宿泊券など豪華!!
IMG_4739


「よし、これで後は下山するきっかを待つだけだ」

…っと思った矢先にどこかで見たロゴの服を来た方々が…。
IMG_4745


あれ?これ、チャリダーの収録現場なんじゃあ…?

(つづく)

連載中の漫画が更新されました!
書き下ろし4コマ
超!アニメディア 亀チャリ出張版!(11)
tyo_ani11


弱ペダの合宿の聖地、伊豆CSCに行った時のお話です。1000kmて…すごいね…!

kikka_books04
亀チャリのコミックス発売中!!


btn_rbbtn_cebtn_brbtn_line

ブログの更新通知をLINEでGET✨登録方法
またTwitterでもお知らせ✨

亀チャリからお知らせ4つ!

こんにちは、夫者です。
今日は亀チャリからお知らせがいくつかあります〜📢

ひとつ!

j_caution_end
これよりジャージの作成が開始されます。発送準備が完了しましたらちどりざくらさんよりメールが来る予定です!
(※第2次募集についてはご要望コメントが多数の場合、開始したいと思います)


ふたつ!

あのきっかが富士ヒル参戦!!
いったい何があったのか…?
bianchi_huzihiru02


マイペースに自転車を楽しむためのメディア - FRAME:フレイムさんで、経緯を連載開始しました!
「まんが家・きっか奮闘す!〜ビアンキストア・ツアー富士ヒルクライム1(序章)」
bianchi_huzihiru_midashi


みっつ!

ロードバイクが100倍楽しくなるブログで有名なサイクルガジェットの中山さんの熱い記事に、きっかがコメントさせて頂きました。

自転車への異常な愛情 または私はいかにして「ロードバイク大好きオジサン」となったか?(前編)- ねとらぼ
netlab


よっつ!

毎週連載中の「超!アニメディア」に漫画が更新されました!

弱ペダの合宿の聖地、伊豆CSCに行った時のお話です。1000kmて…すごいね…!
超!アニメディア 亀チャリ出張版!(11)
tyo_ani11


それでは、よい週末をおすごしください〜!✨

(おわり)

kikka_books04
亀チャリのコミックス発売中!!


btn_rbbtn_cebtn_brbtn_line

ブログの更新通知をLINEでGET✨登録方法
またTwitterでもお知らせ✨

榛名湖コース、スタート!!第5回ハルヒルレポ(4)

j_caution_end
これよりジャージの作成が開始されます。発送準備が完了しましたらちどりざくらさんよりメールが来る予定です!
(※第2次募集についてはご要望コメントが多数の場合、開始したいと思います)


※漫画を追記しましたレポ(1)はこちら
→ハルヒルレポ(2)はこちら
→ハルヒルレポ(3)はこちら

朝である。圧倒的朝。

目覚ましとともに、サマーソルト起床。
201705_11otozya01

天気は文句のつけようがない快晴。
ハルヒルのロケーションに不足なし。ナッシュ…見ていてくれ。

お世話になった温泉旅館オーモリさんをチェックアウトし、大会会場へ。

途中、コンビニで栄養補給をしに立ち寄ると
バナナがない!!🍌

ぼくのバナーナが…!!!🍌🍌🍌
IMG_4632

仕方がないので、他の物で済ます。

きっかをバス停留所前で投下。
kikka10

ここから応援者はバスで山頂に上がるのでしばしの別れ。

夫者「それでは山頂で落ち合おうぞ!」
otojya_05


きっか「ねむい」
kikka10


そして指定の駐車場へ向かい、TREKちゃんのスタンバイ。
無駄な装備なーし!

車体の歪み緩みなーし!

ブレーキよーし!

空気圧よーし!

クリートネジの緩みなーし!

補給食よーし!

水よーし!

計測チップよーし!


準備ができたら4kmほどサイクリングロードを走って会場入り。
おお〜、このお祭り感!! 戦って感じがして血沸き肉踊る…!
IMG_4650

そうそう実は、個人としての競技参加は今年初めてなのである。
IMG_4653
IMG_4657

がんばるぞ〜
勝利条件は1時間切り!!

…と啖呵を切ってみるも試走でも1時間が切れたことがない…!

試走の時と違うのは、装備を最小構成(GPSは装備)にしたことと

村山利男さんの「ヒルクライムトレーニングの極意」を読み、
BODY GEOMETRY FITTING
を受けたことくらい。

まだ、フィッティング後の走り込みはできておらず、これまで適正クランク長でなかった事がわかっている。秘密メカの導入は特に無し。

また、試走をして競技に挑むのも初めてのこと。
きっと基本中の基本なのだろうけど、やってみて思ったのは
「試走は本当に大事。これからの試合はできる限り試走をしよう。」という事。

「どこまで力を残して、どこで頑張って、最後どこから踠いていいのか。」
これがわかっているだけで、どれだけ気持ちが楽になるのかやってみて思い知ったのである。

一先ず、TREKを置いてまったり。
IMG_4660
IMG_4666

出走順が遅いので、それまで原っぱでストレッチ。
日差しが強く、この日は昨日より高い最高気温が35度まで上がる予報。

「これは死闘になるな…。」


その時である。
IMG_4687


号砲だ!

第5回榛名山ヒルクライムin高崎、開幕の狼煙!!
不思議とリラックスはできていたのは、伊香保温泉の効果だろうか。

次々と選手が動きだす。パレードランの始まり。
IMG_4690

烏川を渡って、スタートラインへ。

MC絹代さんのアナウンスで次々と選手がスタートして行く。

ここまでの道中、ボランティアの方々が手持ちのゴミの回収をしてくれたり
臨時のトイレへ案内してくれたり、
榛名町と一体となっているのが感じられた。

そして、スタート!
haruhill01


※ここからは写真が撮れないのでテキストでの長〜い日記になる事をお断りしておく。
--------------------------------------------------------
まず、アーチは計測開始地点ではない。
計測地点はバス停を少し上がったところから始まる。
応援の皆さんが和太鼓を叩いて応援して下さっているので気合が入る。

自分と近いペースの選手を見つけ、ドラフティングする。
後半のスタートだけあって渋滞があるが自分のペースで慎重に追い越していく。

序盤は斜度も低いので、ギア重めで回していく。

ヤマザキYショップ前になると斜度が上がるので、ギアを軽くして負荷を落とす。

Yショップを越えたら、90℃カーブが現れるまで回す。

カーブを曲がると、やや斜度が上がるので負荷がかからない程度で回す。

otojya_05

5km地点を越えるとすぐに「一之鳥居」があらわれ初心者コースの終わり。

確かこの辺でエイドがあり、スポーツ羊羹をもらう。

ここから長い平坦なので、アウターで回す。

榛名神社に向かう森林地帯に入ると、日差しが遮られて楽になる。

仮想ライバルと設定した、BianchiGIANTの人が速い!でも負けない!

斜度が上がるので、ギアを落とす。

「セゾン ド はるな(フランス国旗の看板)」が見えたらドチャクソ回す。躊躇ってはいけない。自分の能力的に40km/h越えられるのはここしかないはず。
スーパー平坦チャンス!!!

やがて、ゆるやかに斜度が上がり次は「魚籠屋 (びくや)」さんが見えるまで脚を溜める。

「魚籠屋 (びくや)」さんから平坦チャンス!加速する。

この辺にもエイドがあり、冷たい水をもらう。
気温が高く、ボトルの水はぬるくなっておりエイドでないと体温が下げられない状態。
ボトルに氷を入れておくんだった。

そして、榛名神社が近くなると坂が急になってくる。
負荷を減らして、後半に備える。この辺りで約10km地点。

otojya04

「榛名神社↑500m」の看板が見える辺りは斜度が高くなる。
また、「500mもあるんか〜い!」と心の中でツッコミを入れたくなる。

あっ昨日お世話になった「たつみ屋」さんだ!
おばちゃんたちも応援で手を振ってくださるので、こちらも手を振り返す。
でも、この格好だから気づかないだろうな〜笑

登って登って、榛名神社の鳥居をくぐる。
「榛名神社コース」はここで集計が終わる為、道幅が狭くなるので注意。
更に目の前で落車が起こる。

「落車ーー!!」

後ろに注意を促し、クランクカーブ。

ハルヒルの本番がここから始まる。

駐車場を過ぎて、やや急な坂が現れるが大会中は対向車線も使えるので助かる。
大回りで走り、斜度を落として登る。
この頃には、脇道を手押しで登る選手も出てくるので気をつける。
また、日差しが強くなるので一気に終わらせたい気持ち。

その時。

え…あ…!? き…キクミミさん…!!??

なんとここで、あのキクミミさんがネギを振って応援されています!

思わぬ応援に嬉しくなり、
「キクミミさん!おはようございまーーす!」と挨拶。さらにハイタッチ!🙌 パワー入魂です。

さらに脚をつった選手が落車。
転がったボトルを避けて進む。

急な坂はダンシングを混ぜて登る。

似た風景の九十九折が続くが、これも試走のおかげで間違えない。

残り500m!!

otojya_08

ここで、踠く!!

仮想ライバルBianchiGIANTの人には勝つッ!!

筋肉を絞るイメージで、できるだけ体力を残さないように…!!

あっ、でも500mって意外と長い…!
脚が終わる…!!

otojya_09

失速

とにかく計測終了地点までは頑張る〜〜〜……!!

ゴーーーーーーール!!!
haruhill02


ゼェ…ゼェ…
otojya03

これは…どっちが勝ったんだ…

→結果速報へ🚵

(つづく)

連載中の漫画が更新されました!
書き下ろし4コマ
超!アニメディア 亀チャリ出張版!(11)
tyo_ani11


弱ペダの合宿の聖地、伊豆CSCに行った時のお話です。1000kmて…すごいね…!

kikka_books04
亀チャリのコミックス発売中!!


btn_rbbtn_cebtn_brbtn_line

ブログの更新通知をLINEでGET✨登録方法
またTwitterでもお知らせ✨

ニューマシンと決戦前夜!!第5回ハルヒルレポ(3)

j_caution_end
これよりジャージの作成が開始されます。発送準備が完了しましたらちどりざくらさんよりメールが来る予定です!
(※第2次募集についてはご要望コメントが多数の場合、開始したいと思います)


※漫画を追記しましたレポ(1)はこちら
→ハルヒルレポ(2)はこちら

湖畔を走るは新車の試走にピッタリ!

納車され整備しておいたニューマシン
RENAULT MAGNESIUM6(ジック株式会社)
をヒョイッと車から降ろします。

この自転車は一目見た時から欲しくて、
実はフラグが埼玉サイクルエキスポの記事で立っていました笑
RENAULT_MG1401

製造過程での仕様がダブル溶接に変わり、6.7kg(本体重量)が7kgとなったのですが、それでもマグネシウムボディが驚異的な軽さをもたらしています。この詳しいインプレはまた後日行いたいと思います!
(迷いじょんヌさん、binchanさん、大正解です!✨)

ミニベロは準備が楽で、ゆっくり湖畔ライドを楽しむことができました。
まだ、山頂には桜が残っていて驚きます。
IMG_4495

1周する際に突然の激坂が!! これは「ヒトモッコ山」というれっきとした山です。
途中まで「チマコッピ山」と勘違いして覚えていました笑
坂の脇にはスイセンが綺麗に咲いています。

流石にミニベロで坂は無謀だったようです💧
しかし、軽いので押し歩きも容易です。
IMG_4584

かる〜く、榛名湖サイクリングを楽しんだ我々は次の目的地に車で向かいます。

榛名山のメロディロードがある長い坂を上り、東へ。
すると「伊香保森林公園」への道が見えてきます。

otojya_06

ところが…全く人気がない…

激坂を1kmほど下る。

だーれもいない。

「落石注意⚠️」の標識の周りにはゴロゴロと小岩が。

いやだな〜いやだな〜。

それでも激坂を下りていく。

行き止まりだ。

ここが「オンマ谷」と呼ばれるパーキングらしい。
IMG_4585


シーーーン。

近くにある小屋、休憩所にもだ〜れもいない。

行楽日和の休日なのに、ハイカーの一人もいない。

おかしいな…?

「熊出没注意🐻」の看板を見てギョッとする。

本当に熊が出てきてもおかしくない森の中。

今、出てこられたら逃げきれない。

やだな〜やだな〜、そう思いながらも

「オンマ谷風穴」と書いた方へ向かう。

すぐに見つかった。風穴だ。

ヒヤ〜〜〜

なんだこれ冷気だ、涼しい。

30度を超える夏日なのに寒いくらいだ。

むかしむかしずーっとむかし。

オンマ谷が噴火した時にできた穴からいつしか冷気が出るようになったんだって。

それが年中、同じ温度の冷気が出続けているって。

え? 風穴はどこに繋がっているんだって?

それは…

どこだろうね…。

IMG_4587


ってな具合に
稲川淳二さんになった気持ちでロケーションを楽しんできました。(長い)

でも本当に誰もいなくて怖かったんだよーーー
雪の季節にここに車で来ると激坂が凍結して帰れなくなるから気をつけた方が良いらしいです💧

それにしても一帯の植物の生態を変えてしまうくらいの風穴ってすごいですね。
天然のクーラーが何百年と出続けているなんて、とても神秘的。

ここから、1時間ほどハイクすれば大噴火で北側を吹き飛ばされた相馬山が見られるそうなのですが、明日はヒルクライムの本番。今日のお宿に向かうことにしました。

榛名山を伊香保方面へ下っていきます。
遠くに雪山が見えるのが印象的でした。(展望台にて撮影)
IMG_4594


渋川伊香保温泉街にやってきました。
草津温泉と並び1300年以上の歴史を持つ温泉で万葉集にもその名が記されているそうです。シンボルの365ある石段があるだけあって、この一帯が凄まじい激坂です。ここで生活すると豪脚のサラブレッドが誕生しそう…。
IMG_4597

NHK大河ドラマ「真田丸」でおなじみ信繁のパパ、真田昌幸が武田信玄の命によりこの石段を作ったそうです。
石段には不規則な脇道が張り巡らされていて、正面突破は難しいでしょう。

「ここでサバゲーをしたらすごく楽しそう」なんて考えていません。
考えていませんとも。
IMG_4618

IMG_4598


それにしても風情がありますね〜。
可愛らしいお土産屋さんや「日本の温泉饅頭の始祖」とされる
勝月堂で「湯乃花まんじゅう」を食べ歩き。
IMG_4610


お宿は「和心の宿オーモリ」という老舗の旅館に泊まりました。
オーモリの従業員さんはみんな優しく、行き届いた接客に驚くばかりでした。
ここの露天風呂は標高800mだそうです。すごい!

夕食は名物の「石段うどん」を食べる為に夜の温泉街に繰り出します。
射的屋さんが見えますね。
IMG_4629

良さげなお店を運良く見つけることができました。
IMG_4628

濃厚出汁に、つけ麺のようにして食べる石段うどん。
あまりに美味しそうなので、魔が差し大盛で頼んでしまいました。
IMG_4626

これが明日のヘビーウェイトになってしまうのでは…!?
でもめちゃくちゃ美味しかったです。

お宿に戻って、この日は21:00には消灯です。
明日は4:00起き!!



…そして決戦の朝を迎えました
IMG_4635

お待たせしました。いよいよです。

(つづく)

kikka_books04
亀チャリのコミックス発売中!!


btn_rbbtn_cebtn_brbtn_line

ブログの更新通知をLINEでGET✨登録方法
またTwitterでもお知らせ✨
プロフィール
奈良県出身の漫画家。単行本に「しょぼにゃん」(少年画報社)「動物園でもふもふお世話中!」(kadokawa)動物を描いたり愛でたりするのが趣味。現在ブログで「亀が無理してロードバイク乗ってみた(亀チャリ)」連載中 pixiv id=6349109
記事検索
これまでのライド
・最初から読む
・第12回Mt.富士ヒルクライム
・盗難対策
・ビアンキ納車
・初めてのソロ走行
・はじめての事故
・熊谷クリテリウム2015
・バイシクルライドin東京
・東京湾一周ライド
・Mt.FUJI エコサイクリング2015
・ミステリーライド1
・しまなみ海道2015
・青山自転車屋さんめぐり
・奈良をサイクリングしてみた!
・大阪サイクリング
・夫者のつぶやき
・TrackR bravo
・埼玉サイクルエキスポ2016
・江ノ島夫者ソロ1
・神羅カンパニーへGO!
・渋谷〜青山お花見サイクリング
・霞ヶ浦一周ライド
・真田丸/上田紀行
・渋峠2016
・GSRカップ行ってきたよ!2016上期
・箱根ヒルクライム2016
・TOJ東京ステージレポ
・第13回Mt.富士ヒルクライム
・江ノ島夫者ソロ2
・ミステリーライド2
・清澄白河サイクリング
・弱虫ペダルカップ2016
・ドラマ弱ペダのエキストラに行く
・ニャンターニ
・弱虫ペダルナイト行ってきたよレポ
・Mt.FUJI エコサイクリング2016
・ビアンキ試乗会inCSC伊豆2016
・Rapha Prestige Nasu
・とびしま/しまなみ海道2016
・尾道にゃんにゃん紀行
・駒沢オリンピック公園散策
・妖精の森へ紅葉サイクリング
・真田丸/大阪紀行
・ママチャリGP2017
・ビアンキ友の会!三浦半島一周ライド!
・埼玉サイクルエキスポ2017
・ドル街横須賀サイクルロゲイニング
・聖地巡礼!春の鎌倉ライド
・おいしい!三浦半島パン屋ライド!
・AACR直前!150km走ってみた
・桜のAACR2017レポ
・ストリートヒルクライマー
・第五回ハルヒルレポ
・開催直前!富士ヒル合宿!!
・第14回Mt.富士ヒルクライム
人物紹介
登場人物
スポンサードリンク
連絡フォーム
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ