前回の記事→尾道にゃんにゃん紀行(前編)
------------------------------------------------------------
20161112_ononyantitle

オノニャンに案内されるがままに、着いて行く。
そこで見たものは「空猫」の看板。


11:00のオープンを待って中を訪ねてみると
それはそれは、素敵なカフェでした。
(夏季営業中との事なので、訪問される方は要確認を!)

IMG_8380

IMG_8370

IMG_8377

珍しい金魚の蚊取り線香入れが印象的でした✨

IMG_8376

ベランダから瀬戸内海が一望できます。

IMG_8375

まるでおばあちゃんの家に来たような懐かしさ。
すぐに店内はお客さんでいっぱいになりました。
あの、案内猫の手腕なのでしょうか。

IMG_8372

この日、注文したのは
「パインとひまわりのベーグル&甘夏ジュースのセット」

尾道の味覚がとても美味しかったです!

次に向かうのはどこでしょう?
スマホのマップを見ながら迷路のような道を下りたり上がったり。

20161112_sakamichi


ところどころにニャンコが描かれています。
さすがは尾道!

IMG_8401

KIMG7445


IMG_8403

ニャーン!

KIMG7448

ニャーーン!!

至る所に猫の置石が。
これは作家の園山春二先生が90年代後期辺りから置き始めたのだそう。
「福石猫」というそうです。

KIMG7453

今では尾道一帯に1000匹以上あると言われる「福石猫」。
一匹作るのに塩抜きをし、三度塗りを行い、艮神社でお祓いをうけた上でやっと一人前。
ここまで7〜8ヶ月かかるそう。気の遠くなるような道のりです。
夫者「やっぱり全部見つけたら願いが叶うのかな〜」

そんなボケをかましているうちに、きゃんわいらしいニャンコが。
オノニャン「お前さん達、フクロウはお好きかえ?」

IMG_8462


そう言うと、奥に歩いて行きます。
綺麗な毛並みに見とれながら着いていくと現れたのは洋館
「梟の館(ふくろうのやかた)」

20161112_hukuroucafe


案内し終わったオノニャンは店の花壇の水をペロペロなめています。
よく見ると首輪が! ここの看板猫なのかもしれません。
IMG_8416


梟の館はアンティーク調の喫茶店です。
店内は撮影禁止だったので、きっかがメモに模写していました。
それがこちら。

20161112_hukuroucafe02


約1500体ものフクロウのアイテムで彩られた店内は正に梟の館。
満月の夜には"観月夜会"というワインバーが開店するそうです。ロマンチック!
とても落ち着いた佇まいでくつろぐ事ができました。

さて、ここに来る前に
実はひとつ耳寄りな情報を入手していました。
なんでも「猫の細道をずっとすぎた公園に猫が沢山いる」と。

「それは…確認するしかありませんな!」


と更に細道を奥に進みます。
すると公園に出ました。

ニャーン

IMG_8435

ニャーーン

IMG_8434

ガサガサニャーン

IMG_8463
あーダメダメ!! それはネコノテパンで買った補給食!!

本当に猫がたくさんです。これはすごい。
この公園の辺りはつい先日の8月に
「Red Bull Holy Ride 2016」というマウンテンバイクによるダウンヒルが行われたばかりだそうです。
(しまなみ人さんコメントありがとうございました!!)
いや〜、このダウンヒルの動画を見て
本当に度肝を抜かれました。
実際にこの目で見てみたかったです…。

さて、そろそろお時間的に
尾道市街地に戻る時間がやって来ました。
最後に寄りたいお店がもう一軒あるんです。

つづく

✨ブログランキング参加中で〜す!(・ε・)ノポチッ✨

btn_rbbtn_cebtn_brbtn_line

ブログの更新通知をLINEでGET✨登録方法
またTwitterでもお知らせ✨