「自分は…みんなの期待に応える事ができなかったのか…」

「本当に申し訳ないなあ…がっかりするだろうな…」


足切りと聞き、情けなさから泣きそうな夫者。(というか泣いてる)
体力と精神が限界になると人はここまで弱くなってしまうのか。
(※ポキ者ポイント3)

20161014_illust


nasu_climb3


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
前回のエピソードはこちらをどうぞ。↓
Rapha Prestige Nasu(9) 〜那須岳〜
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

空はどんどん暗くなる。

それは心細さ、失意、惨めさに拍車をかける。
足切りルートを目指し、降っては登りをここでも繰り返す。
勾配はキツく二度目の脚吊

絵に描いたような極限状態。

ロードを始めて2年、
ここまで過酷なライドに挑むなんて想像した事はなかった。
ここまでやったのだから完走したかった。

立ち止まっても解決する事は何一つ無いので進む。
目の先にT字路があらわれた。

Raphaの人が立っているので足切りポイントだろう。

夫者「あの〜、ラフォーレ那須へは左でよろしかったでしょうか?」

帰路のルートを確認するつもりだったが
Raphaの人から出た言葉は予想外のものであった。

「今、17:28なので右へ3km登ってくださーい」

20161017_illust02


マ…!?

マジか…!?

(自分の時計が進んでいた!!?)

ま…まだ走ってええんかワレ!!!?
(※心の中の叫び)

疲労よりも、完走の可能性が活きていた事に対する喜びが勝っている。

まだ走れる!!

完走できる!!


チームのみんなにに連絡を入れる。

夫者「のぼっています。足切り17:30に間に合いました!」

みんなから応援でトーク画面がいっぱいに。

でも英語ばっかりだから翻訳は後だ!!(笑)

ニュアンスでとても喜んでもらえたのがわかった。

IMG_7012


ここからの3kmはより勾配の強い坂であったが
もう、それは脚を止める理由にならなかった。

そして登頂。

14273541_1119329191491742_1457642470_o


おそらく最後尾?

山頂には数人の選手が下山準備に入っていたので
残り時間を計算する事なく、ダウンヒルする選手の後ろに着かせて頂いた。

20161017_illust


ここからは真っ暗な中を高速で下る下る。

風切り音に、
温泉街特有の香り、
テールランプの赤い灯達。


約8kmの下りを飛ぶように十数分で終わらせ、平地を少々。
そしてその先に見えるのは「ラフォーレ那須」の看板。

制限時間内の完走達成。


「PM18:19ゴール(タイムオーバーまで残り11分)
走行時間11時間19分」


IMG_7014


IMG_7017


は…走りきった…ギリギリや…

王さんやマイクさんがあたたかく迎えてくれた。

夫者「ギリギリで申し訳ないっす…!(疲労)」

マイクさん「よくあそこから走りきれましたね!!すごい!」

王さん「オトジャ、ヨク頑張ッタネ Nice Fight!」

夫者「あれ?ビルさんとチャールズさんは??」

王さん「二人ハ、温泉イッタネ」

夫者「ワーオ!!」


そんな会話をし、一先ず部屋までバイクを置きに行く。

まっ白に…燃えつきた…
燃えかすなんか残りやしない…まっ白な灰だけだ…
そんな充実感はロードをやる前にはなかったよ…


夫者やりました。

エピローグへつづく

✨ブログランキング参加中で〜す!(・ε・)ノポチッ✨

btn_rbbtn_cebtn_brbtn_line

ブログの更新通知をLINEでGET✨登録方法
またTwitterでもお知らせ✨