fujijya2


昨年、初参加であった第12回のタイムが1時間46分。
そして今大会のタイムが1時間36分…。

ブロンズ成就成らず…!!(ブロンズは1時間30分以内で獲得)
6分届かなかったでゴザル〜〜o...rz
もうポキ者! ここから6分も短縮できるイメージが全く湧かない!!

悔しい…実に悔しい。この悔しさを抱えたまま1年を過ごすのか…

↑はい、ここまでがネガティブ夫者です。

fujijya3

いやーまあ今大会、100分を切って96分だし
一歩躍進であっぱれあっぱれ!
来年の楽しみができたじゃないですか。
美人ヒルクライマーの日向涼子さんも三年目でブロンズ獲得した事だし
3度目の正直を叶えるためにまた1年がんばりませうよ。
今年は峠を攻めて面白記事を書いていたら速くなるんじゃない?

サイクリスト声優さんで有名な野島裕史さん(石垣光太郎くん役)と同タイムだし!
がんばった、がんばった!

↑そして、ここまでがポジティブ夫者です。

24kmもある富士山のヒルクライム。
約8700人もの走者が15ウェーブで登って行く様はスケールが違います。
走り終わった後も色々な感情が交錯しますね。悶々

先日作成したタイムシートのプログラム自体は全然間違っていなくて
シンプルに走力が及ばなかった印象です。
timesheet


・スタート地点
「今年はなんか行けそうな気がする(ニヤリ)」
という根拠のない自信に満ち溢れておりました。笑
fujiphoto01


そしてレース開始。中々のロードバイク渋滞です。
otojya_start


・5km地点:20:30に対し21:14
「40秒遅れか、2合目超えて頑張れば大丈夫〜」

・10km地点:39:00に対し40:37
「後半取り返す!前半は抑えてって今中大介氏も言ってたでゴザルよ!」

この間、常に考えているのはペダリング。
腕と膝の力を抜いて、ハムで登る…(繰り返し)

昨年走った道であり、箱根ヒルクライムの凄まじさを知ったばかりなので
富士ヒルクライムの勾配をキツイと感じる場面はあまりありませんでした。
最後をのぞいて。笑

・15km地点:57:00に対し1:01:25
「おっ…オウフッ…! 4分も遅れている!」

・20km地点:1:16:00に対し1:23:13
「最後の平地で肉弾列車スプリント50km/h出せば…(錯乱)」

現実はそんなに甘くはなく、奥庭駐車場地点で乳酸祭開催
脚が終わりブロンズタイムリミットを越える。
最後の力を振り絞って35km/hで走るもゴール前の坂でポッキリ。
fujiphoto02
この心を折る坂ゴール!

・24km地点:1:36:00弱でふにゃふにゃゴール。
oto_goal


と、レース中の流れはこんな感じでした。

プル者


途中、富士ヒルクライム応援団の
チアガール、チェロ演奏、和太鼓どんどこ。
(o(・ω・))<来年ももう一回遊べるドンっ!
素晴らしかったですね!

さて、無事に下山を終え一安心。手が痺れています。
fujiphoto04


恒例の吉田うどんを食べます。相変わらず美味い!!
ちなみに今年初めておかわりが可能という事を知りました。
fujiphoto03


この後、表彰式を見てロードバイクの盗難怖さにそそくさ車に戻ります。
今のところ、富士ヒルクライムにおける盗難報告は見ていません。本当に良かった。

私のレース雑感としてはこんな感じですね。
やっぱり富士ヒルクライムは別格に楽しかったです。

現地レポや後日談は、きっかがいい感じに描いてくれると思います。
お楽しみに!笑

✨ブログランキング参加中で〜す!(・ε・)ノポチッ✨

btn_rbbtn_cebtn_brbtn_line

ブログの更新通知をLINEでGET✨登録方法
またTwitterでもお知らせ✨